手軽に使えるオンライン翻訳サイトの料金リサーチ隊

手軽に使えるオンライン翻訳サイトの料金リサーチ隊

料金が安くて普段使いができる翻訳サービスの選び方

Spring Hill

オンライン翻訳のスプリングヒル(Spring Hill)を徹底リサーチ!翻訳料金プランや運営会社情報をまとめています。

ネイティブの自然な翻訳「Spring Hill(スプリングヒル)」

Spring Hill(スプリングヒル)の翻訳サービスは、ネイティブによる自然で正確な翻訳が特徴です。高品質にもかかわらず、価格はかなり抑えられているため、ネイティブによる翻訳にこだわる方にオススメです。

Spring Hillは何位?料金で比較したオンライン翻訳サービスBEST5

ネイティブによる翻訳

SpringHill(スプリングヒル)の翻訳料金をチェックスプリングヒルの主力サービスは、スタンダード翻訳とハイクオリティー翻訳。いずれもネイティブスピーカーによる翻訳サービスです。

特にスタンダード翻訳は、コストパフォーマンスの高さに注目したいところです。

スタンダード翻訳

ネイティブ翻訳者が、翻訳からセルフチェックまでを一人体制で行います。

1日に可能な作業量は約1,200文字(A4で1~2ページ程度)ほど。ネイティブによる自然な言い回しでの翻訳が期待できる上に、一人体制なのでスピードが速く価格も抑えることができます。

ハイクオリティー翻訳

日本人翻訳者がまず翻訳をし、ネイティブが細かい言い回しやニュアンスをチェックするサービス。二人体制なので時間がかかり料金も高くなりますが、二重のチェック体制で確実性が高くなります。

1,200文字の翻訳なら2日程度と、スタンダード翻訳のほぼ倍の納期がかかります。

スプリングヒルの翻訳料金プラン

料金は、ネイティブ翻訳なら1文字5.5円から。このサイトで取り上げているなかでも、かなり安い部類に入ります。

ただし、最低請求金額は税込3,150円となっているため、ある程度の分量がない場合にはコストパフォーマンスが低くなります。

日本人英語翻訳の場合は最低請求金額が税込1,575円なので、短い文章の場合はこちらを利用するとよいでしょう。

日本人英語翻訳

スプリングヒルが2012年からスタートした新サービスが、日本人による翻訳。ビジネスメールなど分量が少なくて、それほど高精度な翻訳が必要ではない場合に使えるサービスです。

分量が少ない場合は割高になってしまうのですが、日本人英語翻訳サービスでは短文でも1文字当たり6.5円~と、かなり低い料金設定です。

また、追加料金無しでスピード納品が可能です。500文字程度なら数時間、1,500~2,000字ほどの原稿なら一日で対応が可能だそうです。

運営会社情報

会社名 株式会社スプリングヒル
所在地 愛知県知多郡武豊町里中124
資本金 1,000万円